QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ミツクニ
ミツクニ
安中市に生息

2009年06月03日

エポプルーフ





mitukuniセレクトの重防食、防水材

エポプルーフ

ほとんどの人には興味がない分野かな。


工場や、会社関係で設備保全を担当している人に読んでもらいたい。


エポプルーフは重防蝕・防水を目的に開発された最も新しい無溶剤型の変性エポキシ樹脂系常温硬化型の弾性塗材です。
エポプルーフの持つこの優れた特性は湿潤面 への接着力の大きさにも発揮されています。エポプルーフは一般 塗料には考えられない耐熱・耐寒、耐油、耐酸性で然も耐水、防蝕性は抜群です。鉄鋼、建築土木、造船、海洋施設業界で15年以上の耐久実績が数多くあり、塗装の目的を確実に果 たします。


エポキシ系の錆び止めはいろいろ使ったが、このエポプルーフ以上に防錆力のある塗料はまだ経験がない。

特に塗料では水がたまったりするところでは、全く防錆力がないが、エポプルーフは床面に塗って

水がたまるところでも、抜群の性能を発揮する。


無溶剤なので、もちろん防水材としても使用でき、弱酸性ならば耐酸塗装としても機能する。

下地はもちろん鉄、コンクリートの防水にも使える。

なぜ、無溶剤がいいのか?

ほとんどの塗料は溶剤が半分以上含まれている。

これはこれで問題ないが、防水、耐酸に使用するときには

溶剤が蒸発する過程でピンホールができる。


完全な塗膜を作るには無溶剤が条件。


しかし、無溶剤ということは

塗りずらいという欠点がある。

重防食塗装には

決められた塗膜厚で塗ることも条件。


なれない施工者には少し、難しいところもあるかも。


施工例では、マンションの外階段に採用されている。

普通の塗装より価格は高いが

塗装の持ちが倍くらい違う。


塗り替えには足場費用がかかるので、ランニングコストを考えると

長持ちする塗装のほうが結果、安くなる。


腐食環境の鉄部、床、排水ピット

普通の塗装では持たない場所にお勧めです。


腐食環境で、酸が直接かかる場所や特別錆びのひどい場所には

また、別の材料、仕様があります。

それは、またあとで。




1級建築施工管理技士
1級土木施工管理技士
2級建築士
建築仕上診断技術者(ビルディングドクター)
のmitukuniが書いてます。





同じカテゴリー(防食、塗装、)の記事画像
mitukuniペイント2
mitukuniペイント
同じカテゴリー(防食、塗装、)の記事
 mitukuniペイント2 (2009-05-22 14:15)
 mitukuniペイント (2009-05-22 12:39)
この記事へのコメント
ドクター・・・

エポプルーフのことはよくわからないけど

ドクターがスゴイ人だってことは

よーくわかったデス(*^^)v
Posted by かなでかなで at 2009年06月04日 13:15
ぶーちゃん
さくらのようなコメントありがとうございます。
Posted by mitukuni at 2009年06月04日 16:35
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
エポプルーフ
    コメント(2)